CloudboX
Responsive Web Design

レスポンシブって何!

レスポンシブWebデザインとは、パソコン、タブレット、スマートフォンなど、複数の異なる画面サイズをWebサイト表示の判断基準にし、ページのレイアウト・デザインを柔軟に調整することを指します。
パソコンやスマートフォンなど、デバイス毎に各HTMLファイルを複数用意し最適化することが、一般的な制作方法となっています。 レスポンシブWebデザインでは、1つのHTMLファイルを、CSS3で制御し、異なる画面サイズに応じてページのレイアウト・デザインを調整します。

レスポンシブデザイン

メリット1メンテナンスが容易に!

全てのデバイスの情報が同一の為、各デバイスによる設計がバラバラにならず、情報整理がおこないやすくなります。さらに、情報整理がおこないやすくなることによって、本当に必要なコンテンツが見えてきます。
1つのHTMLファイルで複数デバイスに対応できるので、制作後はメンテナンス等が容易になり、作業工数の軽減になります。
サイト完成後のメンテナンスで、テキスト修正や画像差し替え程度の小規模メンテナンスなら作業時間も減りますし、ミスのリスクも減ります。

メリット2 SEOに有効的!

Googleは、サイトの構築手法の一つとしてレスポンシブWebデザインを推奨しているようで、「Google ウェブマスター向け公式ブログ: Google がお勧めするスマホに最適化されたウェブサイトの構築方法」では下記のように述べています。

メリット3 各デバイスのURL統一化!

パソコン用のページとモバイル用のページを単一の(同一の) URL とすることができるため、ユーザーにとってはシェアやリンクが簡単です。

レスポンシブデザイン

CloudboX(クラウドボックス)は、WordPress(ワードプレス)・レスポンシブWebデザインなどホームページに関する、お悩み・ご相談にお応えいたします!

CloudboX(クラウドボックス)にお気軽にお問い合わせください。(メールフォーム)

CloudboX(クラウドボックス)サイト構築 制作のながれ 

ワードプレス+レスポンシブWebデザイン制作料金 

CloudboX(クラウドボックス)のワードプレス+レスポンシブWebデザインテーマ